ブラウン監督解任!後任に昨年の大晦日開催K-1 Dynamaitで・・
不祥事が引き金で引退した横綱は・・?・・サッカーにも名蹴会!4月発足へ
<大リーグ>ヤンキースがWシリーズ優勝入江の世界記録、公認せず
イタリア女性リポーターがベッカムの股間を襲撃ノアが再就職者支援 当日券を…
違反1号…ダル“プチ切れ”15秒ルール甲子園の新レストラン HR着弾で・・

2009年12月02日

内藤、現役続行!興毅V1なら来夏にも再戦

ボクシングの前WBC世界フライ級王者・内藤大助(35)=宮田=が、所属する宮田ジムの宮田博行会長(43)に現役続行の意思を伝えたことが1日、分かった。内藤は11月29日のタイトル戦で亀田興毅(亀田)に敗れて王座から陥落。試合後、進退問題を保留していたものの、続けることを決めた。2日に都内の病院で精密検査を受け、異常がなければ正式に会見を行い、現役続行を表明する。
  ◇  ◇
 日本中が熱狂した世紀の一戦から2日、内藤が下した決断は現役続行だった。この日、宮田会長と会談し、意思を伝えた。宮田会長によると、内藤は「家族のこともあるのでよく考えたが、もう一度ボクシングをやらせてもらいたい」と頭を下げたという。
 敗戦のショックもあり、試合後は「今はまだ考えていない」と、今後についての明言を避けた。真弓夫人(36)は29日、宮田会長に「(ボクシングを)続けさせてください」と直訴した。一方で、内藤の母・道子さん(68)は「引退するでしょう」と語り、家族の意見は割れていた。肉体的な問題が、決断を鈍らせた大きな要因だった。2ラウンド目に受けた左ストレートで鼻の軟骨が曲がり、カットした右目上を7針縫合した。会長に現役続行の意思を伝えたが、健康面での不安はぬぐえず、2日に精密検査を受ける。異常がなければ、来週にも現役続行を表明する。

 35歳という年齢から、次戦はノンタイル戦を挟まずに、いきなり世界戦になる可能性が高い。宮田会長が2試合分の興行権を保持しているため、必然的に内藤の標的はWBC王者・亀田興毅となる。直接の再戦はWBCがルールで禁じているため、再戦は興毅のV1達成が絶対条件となる。

 興毅は、初防衛戦で同級暫定王者ポンサクレック(タイ)との王座統一戦を義務付けられており、来春にも開催される。内藤は統一戦の勝者と対戦する可能性が高く、来夏にも世界戦の機会が巡ってきそうだ。相手が興毅ならば世紀の一戦の再現となり、ポンサクレックならば5度目の対戦となる。
posted by すんぽ at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。